無料ブログはココログ

2023年6月 4日 (日)

CL500をレンタル

バイク選びはいよいよ大詰め。

6月4日(土)発売直後にもかかわらずレンタルできたCL500で箱根方面をツーリング。

第一印象は、とにかくカッコいい。
排気音はなぜか単気筒っぽくて気持ち良い。
乗り心地は道路の凸凹をうまく吸収して抜群。
峠道は予想に反してよく曲がる。
エンジンはパワフルで高速道路の追い越しは楽。
Cl500

しかし、自分の体型のせいかもしれないが、尻と膝の収まり具合がしっくりこない。

まだまだ悩みそう。

2023年5月27日 (土)

GB350Sをレンタル

ここ数年ずっと次期バイク選びが続いている。

スカーバーの車検までいよいよ一年となり、昨今の新車納期長期化を考慮するとそろそろ決める時期になっている。

ということで、ホンダGB350Sをレンタル。
じつは一番気になっているバイクだが、350CC、20馬力という非力なスペックなので候補から除外していた。

5月27日(土)黒銀さん、リャマさんにお付き合い頂いて金太郎ラインから箱根を走ることにする。
貸出店舗のホンダドリーム横浜泉で店員さんから説明を受けていると、あどぶいさんが来てくれていた。

跨ってみると、シート高800mmで足つきは良くないが、車重が軽くなんとかなりそう。
綾瀬スマートICから東名に入り、道の駅 足柄・金太郎のふるさとで黒銀さん、リャマさんと合流して昼食。

金太郎ラインを走って終点近くの駐車場で休憩。
土曜日の昼間なのに空いていた。
Photo_20230617172201

続いて箱根スカイラインに入り、リャマさんのハスクバーナ スヴァルトピレンと乗り換えてみる。
エンジンがビュンビュン回り楽しい。
意外だが足つきはGB350Sとそれほど変わらない。

芦ノ湖スカイラインの展望台で休憩。
残念ながら富士山は隠れていた。
Photo_20230617172301

この後は箱根やまなみ林道を通り、えびせんべいの里で休憩後、御殿場ICから高速で帰宅。

さてGB350Sの感想だが、とにかく鼓動はあるのに嫌な振動がないことに驚いた。
たまたまモリワキのスリップオンマフラーが付いていたせいか音も気持ち良い。

ただし高速道路の追い越し、峠の登りでは瞬発力が不足しており不満が残る。

他に気になるバイクはCL500。
レンタルできるようになったら乗ってみたい。

2022年2月 5日 (土)

トライアンフTigerSport660に試乗

シート高を除いて自分の好みにピッタリのトライアンフTigerSport660に試乗。
F752e8bf1e6846449b0a8cd603efe992
気持ち良く吹け上がる3気筒、手動だけど高さを変えられるスクリーン。
大柄ではないサイズ感で走って楽しいバイクだった。

でもシート高が835mmでは自分には厳しい。
信号待ちでは緊張を強いられて疲れてしまう。
オプションでローシートは設定されているが、供給されるまでかなり時間がかかるそうだ。

感染症の影響でバイクの納期が長くなっている。
そろそろ次期車を決めなくては。

2021年11月20日 (土)

バイカーズパラダイス南箱根でバイクレンタル

次期バイク検討でバイカーズパラダイスへ。
3874755fc22e482e95bea52978906d1c
ガソリン代込み3,000円で、1時間箱根のワインディングを楽しめるのは嬉しい。

まずはデザインが気に入っていたヤマハMT07をレンタル。
C63b30ac02ed4c77b7810577c2ea059e
国道1号を三島方面へ下り、登り2車線になる辺りでUターン。
スカーバとは違いエンジンが軽々と回って気持ち良い。
ただし自分にはシートが高過ぎて、信号待ちで横風が強く吹くと支えるのが少し怖い。

続いてホンダADV150をレンタル。
C44ddab64d2c40d6b93000469cc9d980
国道1号から大観山までの椿ラインを往復。
登りでもとくにパワー不足は感じられず、これでも良いかなと思えた。

来年6月の車検までもう少し悩んでみよう。

2021年11月13日 (土)

レブル250をレンタルして大野山ツーリング

やっとメーターが一周したので次期バイクの選定開始。

まずは日本で一番売れているレブル250に乗ってみる。

10時からレンタルでは遠出はできず、山北の大野山を目指すことにする。
それにしても本日は天気が良く絶好のツーリング日和。
Img_6541

R246から大野山へ向かう道路は狭く急坂で、大型バイクでは厳しそう。
途中で茶畑と富士山が綺麗に見えた。
Img_6546

車道の行き止まりに到着。
結構上ってきたようだ。
Img_6556

シート高が低いレブルは悪路でも安心感がある。
のんびりツーリングするのに向いていると思う。
Img_6553

帰りは高速道路を利用した。
250ccでは苦しいかと思っていたが、予想外に直進性が高く不安を感じることはなかった。
エンジンも小気味良く回り気持ち良い。
ベストセラーになっている理由が分かる気がする。

しばらくは気になっている他のバイクにも乗ってみようと思う。

2021年10月23日 (土)

茨城の広域農道へ10万キロ達成ツーリング

以前から気になっていた「グリーンふるさとライン」と「ビーフライン」をやっと走ることができた。

6時に自宅を出発。

今回同行頂ける黒銀さんと守谷SAで8時待ち合わせ。

友部SAで給油し、東海PAで休憩。
「水戸納豆ソフトクリーム」が気になるが、今朝は肌寒いのでやめておく (*´-`)
01_20211031183601

高萩ICで高速を降りる。
「グリーンふるさとライン」に途中から合流。
それでも「ビーフライン」を繋げて77キロ走ることになる。

少し走ると「花貫渓谷」に到着。
渓流を眺めながら吊り橋まで散策する。
04_20211031184301

吊り橋の下へ降りる。
苔むす岩がなかなか良い感じ。
06_20211031184501

ここからは「グリーンふるさとライン」終点まで走りきってしまった。
信号が少なく、適度なワインディングで楽しく快走することができた。

ビーフライン入口を少し行き過ぎたところにある「セイコーマート」で休憩。
まるで北海道に来たような気分だ。
07_20211031185301

「ビーフライン」途中の「物産センター山桜」で昼食。
08_20211031185801

食券販売機で前に並んでいた老夫婦お薦めの「けんちんそば」を選ぶ。
具沢山でとても美味しい。
9

帰りは友部ICから入り帰路に就く。
横風が強く自分はゆっくり走り、黒銀さんと流れ解散。

お台場辺りでついに9が5つ並ぶ。
1099999

一回りするのに15年も掛かってしまった。
110

それほど渋滞はなく16時頃帰宅。

茨城県の道がこんなに楽しいとは知らなかった。
次回は筑波山周辺を走りたい。

2021年6月13日 (日)

奥多摩プチ冒険ツーリング

ネットで奥多摩駅近くに工場構内を通過するように感じる、おもしろい公道があることを知った。

狭く、急な坂で道が荒れており、小排気量車、少人数で行った方が良いという情報があり、こんなルートを嫌がりそうもないメンバーに声をかける (^^;

K16沿いのコンビニで黒銀さん、リャマさん、あどぶいさんと合流し6時出発。
奥多摩のコンビニでSRさんが加わり7時30分過ぎに現地へ向かう。
黒銀さんだけ大排気量車、勇者だ!

01

今回は偶然にも、高速道路SAでお出迎えのリャマさんを含め、6年前の佐渡ツーリングのメンバー。

あのときは楽しかった。。。
選鉱場跡、大間港の近代遺産見学、たらい舟、宿から眺める日没、牛糞をかわしながら走るワインディング (^^;
次回があれば、時間切れで行けなかった佐渡金山を見学したい。

 

少し走り、奥多摩駅手前の交差点を鋭角に右折する。

02

 

踏切を渡り、左側の奥多摩工業氷川工場方面へ向かう。
しばらく走ると二股に分かれ、右側の狭い道を進む。
すると道がさらに狭く急になり、工場構内のようになる。

03

 

工場の施設の間を通る。これでも公道。

04

 

舗装が途切れた辺りのスペースでバイクを留める。
黒銀さんはパワーに物を言わせて、小石を蹴散らしながら上がってきた。
ここから先は歩いた方が無難みたいだ。

05

 

頑張ればバイクで行けそうな気はするが。。。

06

 

道が崩れていたり、倒木があったり、やはり歩きが正解。

07

 

トロッコの線路を発見。
採掘した石灰を輸送しているようだが、残念ながら休日なので動いていない。

08

 

トンネル入口に、石灰が入っているトロッコの一部が見える。
黒銀さんが自撮り棒を駆使して全体を撮影してくれた。

09

 

散策を終えてバイクに戻ると「反対側の高台から工場が見えるのでは」と黒銀さん。
それでは行ってみましょう。

10

 

来た道を下り、まずは日原川を挟んで対岸から工場を眺める。

11

 

そして高台へ。
ここから眺める工場は、なかなか迫力がある。

12

 

これで工場周辺見学を完了。
これからどうしようと話していると、「日原鍾乳洞の手前に『源五郎滝』があるよ」とリャマさん。

K204を進み林道倉沢線へ右折すると、残念ながら道路崩壊につき通行止め。
この後、リャマさんの姿がしばらく見えなくなった。
いったいどこに行ったのだろう (^^;

13

 

K204へ戻り、日原トンネルができる前の旧道探検へ向かう。
トンネルを出て左側から入るようだ。

14

 

こういうところは、あどぶいの本領発揮だ。
とても頼もしい。
宮ヶ瀬湖探検のときみたいにヤマビルはいないことを祈る。

15

 

壁伝いに道を進む。
寸又峡の夢の吊り橋探検が思い出される。
ここなら、まぁ滑って落ちても命に別状はないだろう (-.-;)

16

 

苦労しながら進み続けると、ついに山が大きく崩れ道が途絶えた。
これ以上は無理と足を止めていると、おもむろにSRさんが崩れている辺りへ降りて行った。
笑いながら滑落するという名人芸は見れなかったが、上がってくるときに滑って難儀するという見せ場を作ってくれた。

17

 

この後、黒銀さんが見つけた吊り橋のようなものを探しに走るが、入口が見つからない。
午後から雨が降りそうな天気予報なので帰路に就くことにする。

途中、ダムカードをゲットのため青梅駅に立ち寄り、ついでに古い映画の看板が並ぶ駅周辺を散策。

18

 

ちょうどお昼近くになり、食事に向かう。
そろそろ空模様が怪しくなってきた。

19

 

カレーうどんで有名な根岸屋に到着。

20

 

5人ともTOKYO-Xブランド豚肉を花びら状に盛り付け、ご飯とうどんが入っている「DXカレー南蛮うどん」を注文。
食べるまで1時間程度待ったが、美味しく癖になりそうな味だ。

21

 

これで、自分としてはとても充実した冒険ツー完了。
店を出ると既に小雨になっていた。

さて次はどこを探検しようか?
身体が動くうちに出かけないとね (^^)

2020年6月27日 (土)

バッテリー交換

ここのところセルの回り方が弱々しく、充電しても1週間も経つと元に戻ってしまう。

まあ純正ではなく中華製のバッテリーなので、2年持てば良しとしよう。

今回もじわじわと弱くなるSUPER NATTOのMFにしたかったが在庫がなく、止むを得ず前回突然死したマキシマのジェルバッテリーにした。

21cff42d93f2445f86551ac6bb841d72

ところで交換前にバッテリーの電圧を測ったところ12.8と問題ない。

車検整備でもバッテリーの値は正常値で、他に原因があるのかもしれない。

ちょっと不安になる。

交換後、道志みちを通り山中湖へショートツーリング。

富士山をバックに記念写真を撮る。

B7668b395db94ad2a692fe24d6df8e19

三国峠越えで帰路につく。

往復200キロ弱なのに今回も結構疲れた。

暫くは自主トレツーで鍛えねば。

2020年6月20日 (土)

8回目の車検完了

数えてみると8回目の車検だった。
まさかこれほど長く乗り続けるとは思っていなかった。。。
まぁ、ほしいと思うバイクがなかなか出ないのでしょうがない。

車検整備はとくに大きな不具合はなかったが、フロントフォークからオイルが滲んでいるそうでシール交換となった。
ここ数年はあまり距離が延びないが、あと8千キロ弱で10万キロになる。
とりあえずメーターが一回りするのを目標にしたい。

さて19日から新型コロナウイルスによる県を越えた移動自粛が解除されたので、鈍った身体慣らしのため往復200キロ程度のショートツーリングに出かけた。

五日市街道から小菅へ抜けて上野原、道志を通り帰宅。
途中の深城ダムで寄り道し、眺めが良さそうな展望台で少し休憩した。
Img_5697_1

結構きつい階段を数十段登ると展望台に到着。
Img_5696_1

シオジの鐘を鳴らすと願いが叶うということで、コロナ収束を願ってみた。
ちなみにシオジとは木の種類らしい。
Img_5692_1

帰宅するとクタクタで、どっと疲れが湧き出た。いきなりロングツーリングにしないで良かった (-.-;)

2018年11月 3日 (土)

7年ぶりに全線開通した豊岡梅ヶ島林道ツーリング

朝5時西湘パーキング集合のツーリングにドタ参を目論んだが、やはり起きられずソロツーに変更 (^^;

7時出発。2011年の台風15号被害により通行止めになっていた豊岡梅ヶ島林道が7年ぶりに開通したと聞き、走破することにする。
Photo

祝日のせいか東名町田インター手前から既に大渋滞しており、R246を使い下道で向かう。
御殿場から富士山のふもとを経由し、富士川に沿って進む。

情報通り、とくに不通区間はないようだ。
Img_8323_1

梅ヶ島温泉まで18キロ。道がガレており、のんびり走るしかない。
Img_8326_1

とくに山梨側が荒れている。
Img_8334_1

途中で休憩。向こう側に見える橋へ進む。
Img_8338_1_2

標高が上がると紅葉が美しい。
この景色があるから林道ツーリングをやめられない。
Img_8360_1

そして梅ヶ島温泉に到着。
Img_8364_1

せっかくなので、バイクを停めて付近を散策する。
Img_8365_1

砂防ダムがあるが、ダムカードはないと思う (^^;
Img_8369_1

帰りの渋滞が始まる前に、新静岡インターから新東名を使い帰路に就く。

清水PAで休憩。建物入り口にライダー向けの無料ロッカーがあることに気づいた。
クシタニがあるだけに、気配りが嬉しい。
Img_8388_1

荒れた林道を走ったせいで腰が痛くなった。
ロードバイクには厳しいかもしれない。

何とか井川雨畑林道も開通してほしい。

«MFJ東北復興応援ツーリング2018キックオフイベントに参加